任意整理後の生活で妻に内緒したままは苦しいかもしれない(30代男性)

今回は任意整理した30代男性の任意整理後の生活の体験談です

利息のみの支払いでとても借金を完済することは出来ないと感じていたので、任意整理を行うことにより借金がどんどん減って行き良かったそうです

ただ家族、妻に任意整理の件は内緒にしているため住宅ローンを組めない(5~10年間)ことがバレないか不安だそうです

 

性別、年代、職業

男性 30代 営業 東海

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)は何を行いましたか

任意整理

債務整理をした結果、借金の総額、返済額はどうなりましたか

整理前 総額 250万円 返済額 月7万円

整理後 総額 200万円 返済額 月4万5千円

依頼先はどこにしましたか

弁護士

弁護士への費用はどう支払いましたか

弁護士の費用については、依頼をしてから、返済が始まるまでの間に分割という方法で、実際に債務整理での返済額となる4万5千円を月々支払っていました。

債務整理したことは家族、知人、職場には知られましたか?

家族や職場には一切バレないように配慮してもらえたため、大丈夫でした。

スポンサーリンク

任意整理後の生活

任意整理後の生活で不便だったこと

債務整理後の生活で不便だったことは、やはりローン関係になります。

私は債務整理したことは誰にも知られていませんので、少し高価な買い物をするときに、クレジットカードを使うのが当たり前なのですが、私は一括で現金で支払うことしか選択肢がありませんでしたので、周りからは、カードで買えば良いのにと言われたりしましたが、ごまかしていました。

また、家のローンなどは、もちろん審査に通りませんので、賃貸アパートにいつまでも暮らしていかないといけなくて、結婚して、マイホームが欲しいという奥さんの要望になかなか答えることができずにいます。

妻に住宅ローンでバレないか不安です

また、共働きをしていますので、月々の返済をしているということは、自分で管理していますのでばれてはいませんが、月にだいたいいくらの収入があるかということは知られていますので、なぜ、そんなにお金がたまらないかを疑問に思われたりしていまして、少しでも勘付かれないようにと、無駄なものは一切買わずに、会社での食事も極力節約しまして、少しでも貯金していくようにしているのが辛いところです。

これからマイホームを見にいきたいと言われているので、マイホームを見に行くことはできるのですが、購入となると、わたしには到底無理になります。

なぜ会社員で安定した収入があるのに、ローンが組めないのかということになることは目に見えていますので、そのような場合にどうやって乗り切れば良いのかと思っていまして、すごく不安な毎日を過ごしています。

任意整理後の生活の感想

もちろん不便なことはたくさんありますが、結果的に債務整理をして良かったと思います。

やはり債務整理をする前は、月々の返済は、ただ利息を返済しているということに過ぎず、一生利息だけを支払う生活になるのではないかと非常に苦しい思いをしてきました。

債務整理をすることにより、ようやく、借金そのものが減っていく実感を味わうことができるようになりますので、やはり、月々の返済が、利息だけの返済に過ぎないという場合は債務整理を検討するべきかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました