任意整理後の生活で不便だったこと、不安だったこと(40代女性)

今回は任意整理した女性の任意整理後の生活の体験談です

クレジットカードが作れないのでコンビニ支払いや銀行振り込みなどになったのが面倒だったそうです

ただ利息を支払いながら借金を返すのはもう無理だと感じていたので任意整理により借金返済の目途が立ったのは良かったそうです

 

性別、年代、職業

女性 40代 事務 関東

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)は何を行いましたか

任意整理

債務整理をした結果、借金の総額、返済額はどうなりましたか

整理前 総額 300万円 返済額 月9万円

整理後 総額 240万円 返済額 月4万円

依頼先はどこにしましたか

司法書士

司法書士への費用はどう支払いましたか

費用は120,000円で、分割払いで月2,000円ずつ支払いました。

債務整理したことは家族、知人、職場には知られましたか?

家族、知人、職場には一切知られず、最後までバレることはありませんでした。

スポンサーリンク

任意整理後の生活

任意整理後の生活で不便だったこと

債務整理中に経理事務など、現金を扱う事務所などへの転職を希望していたため、債務整理をしていることが知られた場合、採用の合否にも大きな影響が出ていたと思います。

そのため、転職活動中にその事実がバレてしまわないかという不安が精神的なストレスになりましたが、最終的に無事に転職できたので大きなデメリットとはなりませんでした。

クレジットカードが5年は無理だった

しかしいろいろなサイトで調べた結果、クレジットカードをつくることはほぼ絶望的であることがわかっていたため、ネットショッピングなどクレジットカードで購入した方がお得な場合でも、コンビニ支払いや銀行振込みなどで支払って買い物をしていたため、利便性がかなり低下し余計な手数料を支払う生活が5年以上続きました。

同様にローンも組めないため、エステなど今まで利用していたサービスが使えないという寂しさもありました。

また家族との話のなかで車やマンションの購入などの話が出たときに、その話が具現化して審査の際にバレてしまわないか、その都度大きな不安にかられました。

結果的に小さな不便を感じることは何度もあったのですが、職場や家族へ迷惑をかけることはなかったのでほっとしています。

任意整理後の生活の感想

数々の不便を感じたことはありましたが、それでも債務整理をして本当に良かったと思っています。

過払い金があったこと

その理由の一つ目は過払い金が返ってきたことです。

複数社から借入を行っており、その中には数年間、年利27%もの利息を払い続けたところもありました。

その業者から借り入れた元本に関してはほとんど過払い金で相殺できました。

借金整理の現実的な目途が立った

二つ目の理由はその他の業者に対する利息が、任意整理後は発生しないという条件で了承が得られたことです。

借入額がかなりふくらんでおり、利息を払いながら元本を減らすことが大変な状況に陥っていたことから、無事に整理できたことは私にとって人生をもう一度やりなおすチャンスがもらえたというほど大きなことでした。

それまでの生活習慣を改めることはもちろん、あきらめかけていた将来の夢をもう一度描きなおし、一日一日をしっかり大切にできるようになりました。