浪費癖が治らず借金が150万円まで膨らむ、任意整理しました(30代男性)

今回は浪費癖から借金が膨れ上がった男性の体験談です

学生時代から浪費癖があった男性は社会人になると更に浪費癖が悪化して消費者金融に手を出してしまいます

そして返済にも手詰まり弁護士事務所に駆け込みました

 

私は30代前半の男性です。

職業は主に営業と事務の中間の仕事をしています。

いわゆる「営業事務」に該当するかと思います。

スポンサーリンク

アルバイト生活で余裕のある暮らし

借り入れをしてしまった理由としては、学生時代(大学生時代)に今思うととても「学生らしくない生活」をしていました。

普通「学生(大学生)」と言ったら「学業」・「部活動(サークル・ゼミ活動)」・「アルバイト」そのほかにも個々に付け加えられるものもあるかとは思いますが、主にはこの三つで学生生活は構成されているかと思います。

ですが、私の場合は高校生まで部活動(野球)に明け暮れる毎日を過ごしていたのもあって大学生のころには勉学(サークルやゼミ活動も含む。)には全く力を注がず。

「働いた分だけ自分で自由に使えるお金が生まれる(増える)アルバイト」を優先して過ごしてきました。

「アルバイトに励む」とだけ聞けば聞こえがいいかもしれません。稼いだ給料を貯蓄に回したり学生生活に必要な物品を購入するのとかに使えば良いわけですから。

洋服、合コンとにかくお金が足りない

しかし、この点も私の場合は違っており本当に「自分の使いたいように使っていた。」のです。

買い物(特に洋服、ビンテージもののデニムなど)にひと月の給料の半分以上を費やしたり、友人と外食に頻繁に行ったり、または「飲み会(合コン)」などに行ったり、ギャンブルとかにはまったく興味が無かったのがせめてもの救いでしたが

ただし、本当に「勝手気まま」に過ごしてきたわけです。

浪費癖がとれない

就職してからも、その「クセ」が抜け切れず。また、学生時代とは違って給料の金額も多くなっています。

次第に一回で使う金額も多くなり。

結果、「遊びたいのにお金が足りない」、「ほしいものがあるのにお金がいない」などの状況に追い込まれていってしまいました。

借金するまでになっていた浪費癖

そんな時に、いわゆる「消費者金融(TVCMなどをしている大手)」の存在を知って借り入れをしたことがきっかけでした。

借り入れ状況は、「アコム50万円」・「レイク50万円」・「オリックス30万円」合計「150万円」を借り入れてしまいました。

ひどい時には「借りては返す」を繰り返してしまうほど切羽詰まっていました。

弁護士に相談、任意整理を進められる

そんな時に、知人に紹介され弁護士事務所を教えてもらいました。(知人に相談したもの今になって思えば良くやったと思います。)

弁護士事務所に経緯を話した後3社の借金を圧縮して月々返していく「任意整理」を勧められました。

費用は、15万円ほどだったかと思います。費用の方も「月々振り込む」形をとっていただき「月々しっかりと期日を守って返済をする」という「実績」と「クセ付け」をしてもらいました。

今現在も支払い中です。遅延や延滞もなく無事に進んでいます。

借金のことで頭を悩ませている方は是非弁護士事務所や司法書士事務所へ相談することをお勧めします。

「話すこと」は自由ですし無料ですので気軽にいってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました