女性に貢ぐために借金を重ねるも、女性は去り借金だけが残りました(30代男性)

今回は女性に貢ぐお金で借金をしてしまった30代男性の体験談です

女性の好意を得ようと借金をしてまでお金を使い続けましたが

最終的には女性には逃げられて、借金だけが残ったそうです。

 

私は30代の東京都在住の会社員です、男性です。

金遣いの荒い女性にはまってしまい、好意を持たれようと貢いでしまい、借金までしてしまいました。

スポンサーリンク

借金総額200万円でした

借金総額は以下の通りです。

アコム 50万円
プロミス 50万円
三井住友カード 30万円
アイフル 50万円
知人 20万円

総額200万円です。

最初は、「すに返せばいいや」と軽い気持ちで借金をしました。

しかし気づくと最大で200万円の借入れになっていてしまい、気づいた時には時すでに遅しでした。

自分のお金であると錯覚

当時は女性に好かれたい、嫌われたくないという一心でお金を貢いでしまいました。

ATMで簡単にお金を借りられる手軽さから、借金しているにも関わらず、あたかも自分のお金のような錯覚に陥り、借金を繰り返してしまいました。

簡単にお金を借りられる手軽さ、女性をお金で引き止めたい、嫌われたくないという、自分自身の自信のなさから、正常な思考能力が低下してしまっていました。

お金がなくなったら借金。給料が入ったら返済の負のスパイラルになっていました。

当時勤めていた会社の給料は手取りで20万円です。

消費者金融の金利は18%で毎月5万円の返済をしていましたが、元本は一向に減らず。

生活自体が苦しくなりました

お金がなくなったら借りて、給料が入ったら返済のループを3年間続けた結果、最初のうちは何とかなっていましたが、半年を過ぎた頃から生活が苦しくなっていきました。

給料をもらった当日には、借金返済と家賃、光熱費を払うような生活です。

借金残高も全然減らない。

女性にも逃げられ、借金だけが残りました

ただ金利を払っている状態で借入れ残高はほとんど減らず、挙げ句の果てに女性にも愛想を尽かされてしまいました。

安易な気持ちで借金を重ねた結果、残ったものは借金だけでした。

そしてもう自力での返済は無理だと確信しました。

でも、ナイーブな問題なので家族にも相談できないし、どうしていいのかわからなくなりました。

債務整理という手段を知りました

そんな時、ネットで見かけた債務整理という手段を知り自分なりに債務整理について調べました。

弁護士事務所にお願いして、今の生活から脱却したいと思うものの、恥ずかしさと情け無さから、なかなか重い腰が上がらず、躊躇してしまい、行動に移すことができませんでした。

弁護士にとりあえず相談してみました

ですが、自力での返済は無理なことも理解していましたので、勇気を出して連絡しました。

すると、意外にも電話での対応は息苦しさはなく、むしろ好意的な印象を受けました。

その時、「とりあえず相談だけでも」と思って、後日弁護士事務所に行くアポイントを取り、その日を迎えました。

初めて行く弁護士事務所に凄く緊張しましたが、いざ入ってみたら、思いのほか雰囲気が良く、スタッフの方も爽やかで感じが良かったです。

実際に弁護士さんに相談すると、親身になってこちらに寄り添った対応に安心感を覚え、債務整理をお願いする決意ができました。

先ずは電話で連絡し、事務所で相談。

あとは弁護士と債権者のやり取りでした

依頼することが決まったら、委任契約書を交わしてお願いしました。

その後は、債権者とのやりとりは全て弁護士が行うことになります。

そのため、支払いの催促はなくなります。

その間、今までの取引の詳細が送られてきます。

大体、一ヶ月くらいを要しました。

そして、弁護士の方と債権者で交渉し、現在の正しい借金の額が確定します。

借金の総額が決定したら、収入とのバランスを考えて調整。

結果、減額やお金が戻ってくることはありまんでしたが、絶対に返済を約束するという条件で金利は免除して頂けました。

費用は12万円かかりましたが、月々の返済額が5万円から3万円になり、大分楽になりました。

返済期間は5年です。

今も返済中ですが、ゴールが見えています。

現在、返済中ですが、将来に対して希望が持てるようになりました。

これだったらもっと早く相談していれば良かったと強く思います。

お金に困っている人もいらっしゃると思います。

しかし、日本にはやり直しができるセーフティネットが整備されていますので、諦めずに、今自分のできることをやってほしいです。

債務整理しかり、自己破産でも、恥ずかしがらずに行って、現在の苦しい状況を打破してください。

タイトルとURLをコピーしました