家族が病気で急な出費のために借金をしました(40代男性)

今回は家族の病気で急な出費により借金をしてしまった40代男性の体験談です。

いざという時の貯蓄などをしてなかったためにお金を借りることになったそうです

またお金があることで気持ちが大きくなってしまい無駄使いをして借金を増やしてしまいました。

 

私は四国在住の40代男性です

借金をしてしまった原因は家族が大掛かりな病気になってしまい、早急に治療費が必要になってしまったからです。

お金を借り入れるようになり生活費などもかさみ最大で150万円の借金をしていました。

スポンサーリンク

お金があることで気持ちが大きくなってしまった

反省点としては病院にお見舞いに行く際の食費などを外食に頼ってしまったこともあります。

また私は「150万円借りているから、多少お金がかかっても大丈夫。」という変な安心感がありました。

借金した時にはとにかくほっとしました。

病院から催促があったので、そちらからの督促というストレスから逃れることができると思いました。

また借金しなかったら、生活費は全然やっていけない状況でした。

債務整理を行いました

5年かけて返済しました。

私の場合には自分では返済していくのは無理と判断したので、弁護士に任意整理に入ってもらいました。

そのため金利手数料はなくなりました。

月の返済額は3万円でした。

当時の収入は手取りで19万円程度でした。

借金が手に負えなくなったら専門家に相談

私のような借金体質の人は、自分一人で返済するのは無理だと思います。

弁護士や司法書士などの専門家に家計診断をしてもらい、無理のない返済計画を作ってもらうのが一番の方法だと思います。

借金返済開始は正直言って苦しかったです。

生活費も最低限のお金しか捻出することしかできませんでした。

またクレジットカードなどは全く作ることができなくなったので、かなり困りました。

それから弁護士からも強く指導を受けて、正直言ってかなり落ち込みました。

私が行ったことで、消費者金融などに迷惑をかけたことを考えると、仕方がないとも思いました。

しかし弁護士から「約5年程度したら、すべての支払いが終わるから、それまでは頑張りましょう。」という言葉をもらいました。

そして「弁護士の先生のその言葉を励みに頑張っていこう。」と考えるようになりました。

日頃からお金を貯めておくべきだった

いざ大きな出費が必要になったらどうすることもできません。

そのためには日ごろから節約して、万が一の大きな出費に備える事が絶対条件だと思います。

仮にどうしても借金をしなければいけない状況に陥ったら、なお一層節約に努めなくてはいけないと思います。

具体的には借金の借り入れ状況を表にして、毎日見ておくことが必要だと思います。

家族関係が良いのであれば、家族に借金の管理をしてもらうのも一つの方法だと思います。それができない場合には、借金はあまりすべきではないと私は思います。

タイトルとURLをコピーしました