家族に内緒でパチスロで借金した40代主婦の債務整理の体験談

今回はパチスロでの借金癖がある40代女性の体験談です

パチスロが趣味で負けても通い続けているうちに借金が増え続けていました

債務整理を行いようやく借金完済のゴールが見えてきました

 

私は東北地方に住んでいる40代の主婦です。

20歳を過ぎてからストレス発散のためにパチスロに行くようになりました。

最初は勝つことのほうが多かったのですが、ついついだらだら打ち続けて負けるということが増えて次第にお金がなくなり、最初はクレジットカードのキャッシングをしました。

スポンサーリンク

借金癖が付いていました

そこから借金癖がついてしまい、完済して解約しては新しく借りるというようになりました。

債務整理をした段階の借金は、信用金庫100万、アコム30万、クセディセゾン90万、楽天KC7万です。

最大の借金総額は正直、把握していませんが300万前後です。

パチスロ辞めらずに通い続けました

ギャンブルをするのに向いていない性格なのにも関わらず辞められなかったことが最大の反省点だと思います。

1年に1回打つ、という程度だったら別に大きく負けてもそれほど大変なことにはならなかったことでしょう。

私の場合は、ひどい時期はほぼ毎日通っていましたし、勝ちそうな日でもずるずると打ち続けて負けていました。

性格的に向いていない、という現実に向き合えない弱さが悪かったのだと思っています。

家族に秘密だったので心が落ち着く暇がありませんでした

夫には内緒で借金を重ねている状況だったので「いつバレるのだろうか」と思っていました。

普段の買い物などはそれほど高いものを買っているわけでもないのに常にお金がなくて、気持ちも落ち着かず、いらいらすることも多くありました。

それでもギャンブルがやめられませんでした。

やめるべきだと思いながら通い続けていて、精神的にきつかったです。

月収は15~17万程度、金利は18%だったはずです。返済しても新たに借り入れるので、何年も返済を続けていました。

借金が全くない時期が15年以上ありません。

専門家に相談することにしました

月の返済額は契約している数にもよりましたが、債務整理時は月に10万近くでした。

弁護士の無料相談に行き相談しましたが最初の弁護士事務所は断りました。

その後に、インターネットで調べて相談した弁護士事務所に依頼をしました。

依頼した弁護士事務所は最初の対応から感じが良く、丁寧でした。

初めて行ったときは名前を名乗ると個室に通され、必要書類記入後に弁護士さんが来ました。

それほど広くない部屋で、本がたくさん置いてありました。

1件目に尋ねた弁護士事務所は、担当の弁護士さんが、かなり冷たく、きつい印象を受ける方でした。

ところが2件目に尋ねた弁護士事務所では、担当の弁護士さんが身を乗り出して話を聞いてくれたのです。

話し方も柔らかく、優しく、穏やかで、「ギャンブルを辞めなければ根本的な解決にはならないけども、いまつらいことは債務整理で減らすことができる」というようなことをおっしゃってくださいました。

その雰囲気や表情から信頼できると考えてその場で依頼を決めました。

費用は全部で20万ほどです。

任意整理を行うことになりました

最初は自己破産の方向で考えてましたし弁護士さんもそうだったのですが「家計簿をつけてみてください」ということになりました。

依頼をしてから家計簿をつけだし、後日チェックしてもらったところ、ギャンブルさえしなければ任意整理でいけそうだと弁護士さんが判断しました。

ただその段階では弁護費用すらなかったので、毎月分割で支払いをしているあいだに債務整理の手続きがスタートしました。

借り入れ先などから連絡が入ることなく弁護士事務所に毎月費用を振り込み、足りる金額になったところで任意整理の返済がスタートしました。

利息が免除されました

借金の額自体は、過払い金返還請求で戻ってきた10万程度が総額から差し引かれましたが、それ以外は減っていません。

残額を利息なしで分割で支払うことになりました。

債務整理後の月の支払額は、信用金庫18000円、アコム9000円、クレディセゾン15000円、楽天KC3000円です。

借金完済のゴールが見えてきました、家族にも打ち明けました

残額が少なかった2社は途中で終わりましたが、現在も2社には返済しており、来年完済となります。

ゴールとなる回数が見えたこと、家族に打ち明けたこと、弁護士さんに相談したこと、月々の返済額が減ったことから生活は楽になりました。

残り回数が少ないので、なんとか頑張って完済の日を迎えたいと考えています。

まずは自分の状況を専門家に相談

借金があると、いつも気が休まらないものです。

家族に内緒の場合、さらに、つらい心境だと思います。

それがたとえ自分のせいだとしても、つらくて苦しいことと思います。

ギャンブル依存の場合は、病気なので自分でうまくコントロールできないという人もいるかと思います。

私の場合は、弁護士さんに依頼をするタイミングで、ようやくギャンブルから離れることができました。

その後に債務整理をしたことにより、前よりも生活が楽になり、気持ちも楽になりました。

割賦が出来ない、ローンが組めないなどのデメリットもあるため、ごく少額なら債務整理しないほうがいい場合もありますが、どうにもならず多重債務で苦しんでいるなら前向きに債務整理を検討してみてください。

楽になると思います。

タイトルとURLをコピーしました