任意整理を行った結果、利息の支払いが免除されました(40代男性・150万円)

今回は40代の男性の任意整理の体験談です

離婚の経験があり、養育費の支払いが月々の生活の収支を圧迫していました

更についつい借金をしたことから、養育費の支払いと借金の返済でパンク寸前になりました

 

愛知県在住の40代男性ですが、離婚歴があり養育費の支払いと生活費の工面に四苦八苦していました。

当時の収入が約20万円で二人の子供に対する養育費として6万円を支払っていましたが、計算上は可能でもプレッシャーに追われる毎日でした。

スポンサーリンク

生活費の不足から借金を始めました

ある月に娯楽で予定より多くの出費をしてしまい、生活費が不足してしまいました。

お金に関わることで他人に相談しづらかったので、ネットで調べてバンクイックで10万円を借り入れして急をしのぎました。

抵抗が無くなりどんどん借り入れをしました

簡単に借り入れできることを知ってしまい、緊張の糸が切れて借り入れ額は増えていきました。

限度額いっぱいになると新たなカードを作り返済を行う自転車操業に陥ってしまい、最終的には3社から150万円の借り入れになってしまいました。

その間には何とか返済できないかと自暴自棄になってしまって、ギャンブルにハマっていた時期もあります。

養育費の支払い、借金の月々の返済が限界に到達しました

借り入れ先の内訳はバンクイック50万円、アコム50万円、モビット50万円で、金利は14.6%と18.0%と決して低いものではありませんでした。

すべての借り入れ先が限度額いっぱいの状態になり、次回の返済が不可能になってしまいました。

解決する手段を失い精神的に追い込まれ、どこかに逃げてしまいたい心境でした。

弁護士事務所に相談に行きました

そんな時にテレビで借金問題を扱う弁護士事務所のコマーシャルを目にして、ネットで近隣の弁護士事務所を検索しました。

電話による無料相談も実施していたので、連絡をとってみると親身になって相談に乗ってくれたので少し安心感を覚えました。

後に事務所を訪れて詳しい事情を説明したところ、自己破産か任意整理を勧められました。

近隣でアットホームな事務所だったので、気楽に悩みを相談しやすく任意整理することを決心しました。

任意整理をした結果、利息の支払いが免除になりました

弁護士が金融会社とやり取りをしてくれ今後の返済計画を立ててくれたので、自分から接触をとる必要はありませんでした。

弁護士費用は着手金として10万円、金融会社1件につき2万円だったので、合計16万円で済み借金問題を解決するには安いと感じました。

任意整理によって借金がなくなるわけではありませんが、手続きをしなければ発生する利息分が免除されたのは助かりました。

また、返済期間は延びたものの1月あたりの返済額が減り、法的手続きを済ませたことで安心することができました。

借金問題は他人に相談しづらいですが、一人で抱え込んでいると悪化の一途を辿ります。弁護士は債務整理という方法で救済をしてくれるので、借金で悩んでいる人は相談してみると良いです。

タイトルとURLをコピーしました