【300万円】20年間の借金生活もようやく後1年で完済です(40代女性)

今回は冠婚葬祭、それからギャンブルを続けてしまって20年間も借金があった40代の会社員の女性の方の体験談です

このまま一生借金しながらの生活かと思うと気分が沈んだろうです

自己破産をした方が良いのかもと弁護士に相談した結果任意整理でも大丈夫だと勧められました

 

私は青森県に住む40代の女性会社員です

借金をしてしまった原因は冠婚葬祭費などの生活費、および、ギャンブル(パチスロ)です

スポンサーリンク

借金総額は300万円

借金をした先は信用金庫(合計で200万、楽天カード6万、アコム50万)です

最大で借金の金額は単純に残高の合計だけで見て300万前後がマックスですが、借りては返しの状態でしたので総額は1000万近いと思います。

パチンコ、パチスロがやめられない

ギャンブル依存だと分かっていても、なかなかそこを抜け出すことができませんでした。

勝ったときは多めに返済するようには心がけていましたし、滞納もしませんでしたが、結局負けてしまうと借りるという状況だったために、どんどん借金が増えて自転車操業状態となりました。

振り返ってみると、とてもおろかだったと思います。

「今日で辞めよう」と思っても気がつくとホールに向かっている自分への嫌悪感がひどかったです。

一生借金漬けの恐怖

絶対に滞納しない、と決めて返済はしていましたが、いつも心の中が苦しく、お金のことばかりを考えていました。

毎月毎月、そのときを乗り切るだけで精一杯でした。

緊急時用に積み立ての貯金もしていましたが、少し溜まるとすぐに使ってしまうため、何の意味もありませんでした。

一生こうやって借金漬けなのだろうか、と思うと死にたくなることもありました。

20年間、借金を続ける生活

収入は手取りで15~17万ほどです。

金利は、多くは18%だったと記憶しています。

20代のころから30代後半まで借金を繰り返していて、感覚も麻痺していました。

完済して解約しても別な会社と契約してしまうので、実質20年近く、返済をし続けていたことになります。

月の返済額は多いときで10万を越えることもありました。

会社都合で退職、自己破産を決意

勤めていた会社の都合で、退職せざるを得なくなりました。

それまで一度も滞納することなく返済していましたが、収入がなければ返済も難しくなります。

何があっても滞納したくない、と考えたとき、頭に浮かんだのが、自己破産でした。

弁護士に自分の状況を無料相談

弁護士に依頼して債務整理しました。

最初の予定では自己破産でしたが結局は任意整理となりました。

インターネットで、県の弁護士会のHPを見たところ、債務整理の無料相談を対応しているとの記載があり、そこに電話をして、弁護士さんを紹介してもらいアポを取りました。

事務所の2階にある小さな部屋に通されました。かなり緊張しましたが、後から入ってきた弁護士さんが物腰の柔らかい方で安心しました。

実は、それ以前にも1件、相談に行っていた先がありました。

そこは態度が冷たく、ふんぞり返った弁護士さんが対応してくれて、あまい良い印象を持ちませんでした。

ところが、依頼を決めた弁護士事務所では、弁護士さんが前に身を乗り出すようにして話を聞いてくれて、信頼できる気がしました。

そのため依頼を決めました。

弁護士費用は分割で支払いました

費用は全部で20万ほどです。

まずはカード類を全部弁護士さんに渡しました。

費用を一括で払えないため分割で弁護士さんの口座に振り込み、費用がたまったところで、任意整理の手続きが開始しました。

債権者からの請求も止まりました

依頼をした時点で債権者からの請求は止まりました。

電話なども一度も受けていません。

すぐに手続きが完了し、60回払いの分割で、元本から過払い金を差し引いたものを返済して行くことになりました。

20年間の借金生活も、あと1年で完済しそうです

多いときで10万近く返済していましたが、月の返済額は42000円にまで減りました。

途中で2社分が終わり、現在は残りの2社合計で32500円を毎月返済しています。

完済まで、あと1年以下となりました。

計画的な返済のゴールが見えると気分が楽になりました

以前と違い、返済日が近付くにつれて気分が沈む、ということはなくなりました。

開始したときは「自己破産のほうがよかったかも」「まだまだ何年も返済をしなければならない」と思ったこともあります。

しかしそれ以前と比べたら大幅に返済額も減っていて、かなり楽になりました。まるで気分が違います。

ゴールが見えているのが、何よりも嬉しく思います。

多重債務者の方はまずは専門家に相談するべきです

多重債務の状態になっていると、もう、どうしたらいいか分からないと感じるかもしれません。

しかし、弁護士など専門家は知識も豊富で対応も客観的です。

冷静に話を聞いてもらっているうちに、自分の愚かさに情けなくなったものです。

それと同時に、「やりなおそう」という決意も生まれました。

家族にも内緒にしているという場合は、ストレスも溜まるものです。

まずは自分の状況の整理から

月々の返済額もストレスも大きく減ったことから、私は債務整理をしてよかったと感じています。

悩んでいるかたは、まずは一度無料相談などを利用して、状況を整理してみると、債務整理が必要なのかや、どう解決できるかが分かると思います。

今はつらいかもしれませんが、一人で悩むよりは、まず誰かに相談してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました