病気で借金100万円払えない、生活を立て直す方法とは?(30代男性)

今回は病気になり働けなくなって借金100万円を抱えてしまった男性の体験談です

病気をきっかけに借金を抱えてしまい、再就職するもとても返済が出来ない状態でした

男性は任意整理と自己破産のメリット、デメリットを比較して任意整理を選択して法律事務所に依頼することにしました

 

私は30代の男性です、過去に病気で仕事に籍はあるものの仕事自体ができない期間が1年以上ありました。

そこで、手軽に借りられるからと消費者金融に手をだしたのが借金のきっかけでした。

借金の原因は生活費や社会保険、厚生年金、携帯料金、家賃の支払いなどの固定費に使用するのが目的でした。

スポンサーリンク

クレジットカードのショッピング枠で生活

もちろん、借金はすぐに使用限度額に達しました。そこで次に私がとった行動は持っていたクレジットカードで生活する、ということでした。

しかし、そのクレジットカードのショッピング枠もすぐに限界に達し借金は100万円を超えました。

100万円を超えた頃に病気のこともあり、現在の仕事を退職することになりなんとか転職できたのですが以前より給与は格段に下がったため消費者金融への借金とクレジットカードの返済ができない、という状況に陥りました。

債務整理をした方が良い状況なのか?

そこで、そういう場合にどうすればよいかインターネットで調べた場合に、任意整理か自己破産という二つの選択肢がでてきました。

私自身、その時点で仕事をしていたので自己破産するのは制限がいろいろつくことからもったいないと考え、任意整理という手法をとることにしました。

インターネットで調べ司法書士事務所を探して安いところをみつけてました

そこで、任意整理に強く、かつ事務手数料の安い司法書士事務所を検索し、いくつかに問い合わせることで面談に至りました。

司法書士事務所に任せる

事務手続きは意外と簡単でした。借金関係の書類と印鑑や身分証を用意するだけで、あとは司法書士事務所に出向いて必要事項の説明を受けて同署にサインをするといった内容でした。

司法書士によると借金もその手続きをした段階ですぐに消費者金融とクレジットカード会社に請求をしないように申請するので大丈夫ということでした。

その時点で私自身、返済は遅延していなかったのですがその月から返せるお金がなかったので非常に助かりました。

任意整理、その後の経過

司法書士は任意整理に事務手数料が必要でしたが、その手数料も分割払いで良いということで無理なく返済することができ、今では毎月各社に振り込むという形で返済をし続けています。

基本的に司法書士は事務手数料の支払いが終わった時点で返済にはノータッチという形らしいです。

しかし、事務手数料支払い中に各社から裁判などが起こされた場合には対応して下さるということでした。事務手数料支払い後の各社への返済中におけるトラブルに関しては個人で各社と対応する必要があるとのことでした。

弁護士の場合はどうかはわかりませんが、司法書士を利用しておそらく弁護士を利用するより半額近い金額で任意整理をすることができたと思います。

金融ブラックにはなりますが、金利もゼロになったので非常に助かっています。

タイトルとURLをコピーしました