多重債務者の状態になり借金135万円、プライドを捨てることも大事だ(30代男性)

今回は無職になったことをきっかけに借金をし、多重債務者になってしまった男性の体験談です

督促の電話や督促状に怯えた生活に疲れた男性は思い切って司法書士事務所に相談しました

そして司法書士が任意整理・個人再生・自己破産についてメリット、デメリットと1つ1つ丁寧に教えてくれました

 

私は30代の会社員の男性です

借金をしてしまった原因はズバリ、無職になってしまったことからです

それはスムーズな転職に失敗、つまり会社を退職して直ぐに新しい転職先が見つからず生活費が苦しくなったからです

スポンサーリンク

転職に失敗の結果

借金の総額は

アコム25万
プロミス100万
ソニー銀行10万

で最大で135万円の借金を抱えました

多重債務は返済日の把握も大変

こんなに借金が増えてしまったのは、自身に計画性がなく、仕事が長続きしないので収入が少ないためだった反省しています

借金生活の時は3社から借りており、返済日が全て異なる為、忘れてしまわないようにするのが大変でした。

また借入額に余裕がある時は、気持ち的に余裕がありましたが、融資枠を全部使い切った時は切羽つまりました。

転職後の収入はだいたい18万~25万です、そんなに多い収入はもらえてません。

借金生活を送っても未来がない

債務整理をしようとした理由は返済が2カ月以上怠っており、他の支払いを優先したらどう計算しても返済不能と感じたからです。

更に、インターネットで匿名で診断できるシステムを試してみたら、検討した方がいいという診断結果が出ました。

そこで司法書士事務所に依頼しました

真摯に説明してくれた司法書士

司法書士事務所に初めて行った時には雑居ビルの中にありましたが、事務所自体は綺麗で受付女性の対応もとても丁寧で緊張が解れ、電話対応も親身になってくれたのでその事務所に決めましたのを覚えています

また司法書士さんの説明も丁寧で、真摯な姿勢で向き合ってくれました。

司法書士さんから任意整理・個人再生・自己破産のそれぞれの説明を聞き、任意整理を選択しました。

任意整理の結果、利息は全てカットされた為、毎月の支払いが31,000円から26,000円に減りました。

司法書士事務所の費用は着手金13,000円、報酬金6,000円でした

デメリットもあるが私は債務整理を選択した

任意整理をするまでは返済が遅れる度に電話をし、連絡を忘れたりすると督促の電話や督促状が届き、常にピリピリしていましたが、今は穏やかな生活を送っています。

債務整理する事のデメリットもありますので、返済が困難になったら即債務整理するという事をお勧めする事は出来ませんが、自分の直近の生活状況や収入等を鑑みて明らかに返済が困難な人、3社以上から借入がある人は返済が大変なので、思い切って債務整理する事も考えた方がいいと思います。

しばらくはローンが組めないデメリットもありますが、プライドを捨てる事も大事です。

タイトルとURLをコピーしました