借金600万円、返済が追い付かないので個人再生を行うことを決意(30代男性)

給料以上にギャンブルにお金を使うようになり借金を抱えました

そしてもう自分の許容範囲を超えた借金に首が回らなくなり、家族からもお金を借りてまで返済する生活

このままずるずる借金生活を続けても家族まで巻き込んで、ますます悪化するだけだと考えて

 

私は30代の事務職の男性です

借金をしてしまった原因は借金は基本的にギャンブルです

スポンサーリンク

給料以上をギャンブルに費やす

仕事はしていましたが、それを超える金額を毎月のように使っていました。 

基本はギャンブルに使っていたため、日常での金遣いも荒く、返済についてはあまり考えず、返済出来なければまた借りるという状態でした。

借金という感覚は少なく自分のお金をATMから引き出すような気持ちになっていたので借金が増えてしまったとと思います。

アコム50万

プロミス30万

レイク50万

アイフル10万

ノーローン30万

楽天カード100万

楽天銀行300万

と最大で600万円もの借金を抱えている時期もありました

自分の限界を超えてしまった借金額

もはや借金が自分の許容範囲を超えてからは毎月返済額だけで給料がなくなっていくような状態でした。

その時の月の収入は手取りで25万ほどで、金利は消費者金融系はほぼ18%で銀行はおまとめローンで借りたため10%ほどでした。

返済期間は5年で月の返済額は総額で15万円ほどでした。

他社での借り入れも不可能

債務整理をしようとした理由は生活をしていく上でどうしても返済が滞ってしましい、首が回らず常に電話がかかってきているような状態でした。

また、限度額まで借り、他社での借り入れも不可だった為、債務整理を決断しました。

知人の紹介で司法書士事務所に依頼しました。

司法書士事務所へ相談に行く

電話も事務所に初めて行ったときもとても対応が良く、安心感がありました。

また、仕事で土日しかいけないにも関わらず、対応して頂きとても助かっています。

知人からの紹介というのもありましたが、決めた理由の1番はやはり対応してくださった方への安心感や信頼感だったと思います。

司法書士事務所への費用は総額で40万円ほどでした

依頼してからすぐに返済はストップし事務所がすべて対応してくださるとの事で基本はこちらは何もせず、お任せの状態でした。

個人再生を行うことに

私の場合には個人再生だった為、話し合いや裁判所への手続きの関係で2回ほど事務所へ出向いたり、また、返済出来る能力を証明するため、月に数万円ずつ銀行へ貯める作業をしていました。

債務整理後した結果、個人再生だった為、約100万円となり月の返済額は約3万円で3年間でした。

もちろん債務整理をしたことによって借金やクレジットカードは作れませんが、私の性格を考えるとそれでよかったと思っています。

月々の返済も減り、生活に余裕ができ、自分の給料内で生活をする当たり前の事が出来るようになり、債務整理をしてよかったと本当に思っています。

借金で苦労してる人へ

私は債務整理は最終的に行きつくところで、してはいけないことだと思っていました。

ただ、周りの知人や家族に勧められどうしても返済に困っていたため、債務整理をする事になりました。

債務整理をするまでにたくさん悩み、家族からもお金を借りて返済もしていました。

債務整理をしてから思うのはもっと早くしていればよかった、家族に迷惑をかける前にしていればよかったと思っています。

現在検討されている方がいるのであれば自分だけでは悩まず、近くに相談できる事務所などで相談をすべきだと思っています。

相談するだけでも気持ちは楽になりますし、より良い選択肢が出てくるかもしれません。

まずは行動する事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました