彼氏の借金300万円を肩代わりして借金苦に陥り、そして自己破産しました(20代女性)

今回は彼氏のせいで借金まみれになり自己破産をしてしまった20代の女性の方の体験談です

同棲していた彼氏が仕事を辞め貯金を切り崩して生活していましたが、やがてローン契約までしていたことが発覚します、恋は盲目と言いますがその借金を返済しようとしますが無理でした

そして債務整理の相談に弁護士事務所に行くことにしました

 

私は九州地方で看護士をしている20代の女性です

わたしが借金をしてしまった原因は、当時交際していた男性にあります。

スポンサーリンク

貯金を切り崩して彼氏の面倒をみる

当時わたしたちは同棲をしていたのですが、彼が突然仕事を辞めてしまいました。

理由は同じ部署の上司とそりが合わずケンカをしてしまったからというなんとも幼稚なものでした。

すぐに次の職探しを始めていましたが、本腰を入れて仕事を探している様子はあまり感じられませんでした。

仕事が見つかるまでは、わたしのお給料と少ない貯金を切り崩していました。

生活はとても苦しかったですが、なんとか工面してやっていました。

彼氏が私名義で借金(ローン)を作っていた

しかしあるとき突然、わたしの携帯電話に、銀行から電話がかかってきました。

それは、残高不足でカードローン返済の引き落としができていない、早急に振り込むように、という内容のものでした。

わたしはなんのことかわからずパニックになってしまい、すぐに彼に伝えました。

総額300万円の借金(ローン)

すると彼は、わたしに内緒で、わたしの銀行カードを使ってカードローンから融資を受けていました。

わたしは以前、もしものときのためにと思い、いつも利用している銀行のカードローンの契約をしていました。

しかし契約をしただけで実際に借り入れをしたことはありませんでした。

彼はそれを知っていて、こっそりとわたしのカードを使ってATMで借り入れを繰り返していたようなのです。

総額は300万円ありました。

消費者金融で更に借金

わたしはすぐに返済分を振りこもうとしたのですが、手持ちがなく、アイフルで契約をして10万円の借り入れをしてしまいました。

そのうち4万円その月の返済にあて、さらに4万円を翌月の返済にあてる、ということをしていました。

借金が減らない、借金が増える

そのようなことを繰り返し、すべての借金の内訳は

みずほ銀行300万円、アイフル30万円

となっていました。

相談も出来ずに1人で抱え込む

空いた時間を使ってアルバイトをしたり、彼になんとしてでも仕事を見つけてもらうという方法はあったかもしれませんが、当時のわたしは一刻でも早くなんとかして返済しなければと焦り、冷静に考えることができませんでした。

また、家族や友人には絶対に知られたくないと思い、誰にも相談できずにいました。

そのとき誰かに相談できていれば、借金が増えることも、

借金で悩むこともなかったのかもしれません。

当時のわたしの収入は毎月23万円程度で、

みずほの金利は8%、

アイフル17%でした。

毎月の返済額はみずほ4万円、アイフル2万円でした。

弁護士に借金の債務整理の相談

わたしのお給料では毎月の返済を続けることは困難で、 しかしこれ以上他社から借り入れをすることはできないと思いました。

そこで、債務整理の相談に行ってみようと思いました。

今のわたしの状況を伝えると、 債務整理が可能かどうか状況によっては自己破産の可能性も含め、 そして行なう場合どんな方法があるかを詳しく説明してくれました。

そして、どれくらいの費用がかかるか、 解決するまでにどれくらいの期間が必要かといった 具体的なところまで説明してくれました。

そしてその方の名刺をいただいて帰りました。

債務整理そして自己破産の選択肢

わたしは、その弁護士の方がわたしの話を親身になって聞いてくれるところ、 わたしの希望をきちんと聞いてくれるところに惹かれ、 その方に依頼することに決めました。

実際に弁護士事務所に行き、手続きを始めてからもその印象が変わることはなく

最後まで誠意を持って対応してくれていました。

依頼してからの流れは、弁護士の方に借金をすることになった詳しい状況と、借金をして得たお金の使い道、今現在の収入の状況をもう一度詳しく説明しました。

そしてわたしは相談の結果、自己破産をすることにしました。

そしてその内容を詳しく紙に記録し、それを後日裁判所に提出するということでした。

裁判所からの許可が下り次第、自己破産の手続きが始まるということでした。

自己破産のメリットとデメリット

事務所に相談に行った数日後には手続きが完了し、 銀行やローン会社からの電話連絡や郵送物での督促はまったくなくなりました。

そして今まであった総額350万円の借金は、0になりました。

実際にかかった弁護士費用は50万円程度でした。

手続きをしてからの生活ですが、 職場や家族、友人に知られることは一切ありませんでした。

また、わたしは土地や車等は所有していなかったので、それらの財産を失うこともありませんでした。

これまでと同じように生活すことができました。

クレジットカードを持つことはできなくなりましたが、もともとカードで支払うことはなかったのでそれほど困りませんでした。

もっと早く相談の1歩を踏み出しておけばと後悔

わたしは、どうしてもっと早く弁護士に 相談しなかったのだろうと思えるくらい、 すべてが順調に進みました。

その結果、借金は0になり、借金で悩む毎日から解放されました。

今借金で悩んでいるひとには、ぜひ一度相談してみるべきだと伝えたいです。

タイトルとURLをコピーしました