旦那が失業して無職になり、貧乏生活で借金を重ねてしまい離婚、自己破産をしました

今回は40代の事務所の女性の体験談です

旦那さんが失業して無職になり、生活費に困るようになってしまい借金をしてしまったそうです

増えすぎた借金をどうにかするために専門家に相談してみました

 

私は大阪府に住む40代の事務職の女性です

借金をしてしまった原因は夫が失業し生活苦になってしまったことです

借金の総額は

アコム10万
アイフル50万
カードキャッシング400万
銀行系カードローン200万

でした

スポンサーリンク

初めは家族に内緒で生活費を借金していました

反省点は借りては返しの自転車像業になってしまったことと、お金は大丈夫と家族に嘘をついていたためです

借金生活当時は、金融機関からの催促の電話や郵便物を見られてはいけないと思い怯えた生活をしていたが、借金を繰り返していました。

当時の月の収入は28万で金利22%、返済期間15年以上、月の返済額15万でした

借金は膨らむばかりで、大半が支払に充てている状態が続いた。また借金が原因で離婚をしたため債務整理に踏み切った。

インターネットで依頼先を調べました

インターネットで依頼先を検索しました。

法律事務所に相談し、自己破産手続きをしました。

事務所にメール無料相談をし、その後電話がかかってきました。全国対応とのことで遠方の事務所でしたが第一印象が良かったことと、インターネットでの口コミを参考にし決めました。

法律事務所への費用は40万でした。

自己破産を依頼した後の流れ

法律事務所へ現在の借金の状況等を報告。それ以降、金融機関への支払いはせず、信用性を見るためにとのことで着手金を分割払いで、まずは三か月きっちりお支払いしました。

その後、陳述書(借金をした理由や反省など)を作成しました。

手持ちのクレジットカード類と銀行の口座全ての通帳とキャッシュカードを提出しました。

自己破産をしたので借金は0円になりました。

債務整理についての考え方

債務整理に踏み切るまでは抵抗はありましたが、やってよかったと思います。

その後、生活も一変し、必要以外は使わない現金主義の生活をしております。

借金地獄から解き放たれ自分自身も心を入れ替えてお金に関してはしっかり管理するようになりました。

債務整理と聞くと何となく抵抗があるかと思います。実際、私もお借りしたお金を踏み倒してしまうことにすごく抵抗がありました。

債務整理をしたらローンも組めなくなるし、カードも作れないブラックリスト入りになるのは嫌だと思われる方も多いかもしれません。

私もブラックリスト入りは避けたかったですが、そもそも返済が遅れている時点でブラックとなんら変わりはないことに気付きました。

債務整理をするとデメリットもありますが、あの苦しみから解放されます。

もし今悩まれているなら専門家の方に相談するだけでも良いと思います。 

タイトルとURLをコピーしました