借金250万円の自転車操業で最後は自己破産しました(30代男性)

今回は30代の会社員の方の借金を借金で返済するという自転車操業に陥った体験談です

最初は数万円の借り入れだったのが1年後には100万円を超えてしまいます、そしてその後も借金は増え続け250万円へ

借金で首が回らなくなった彼は弁護士に相談に行きました、弁護士が勧めた選択肢は自己破産

 

30代男性の会社員です。

私が借金をするきっかけになったのは自分自身の甘さやだらしなさが原因でした。

大学を卒業後に就職をした会社は規模も小さい所謂中小企業の部類に入る所で、お世辞にも会社の景気がいいとは言えません。

当然給料もそれほど期待できるものではなく、新入社員の頃は生活をするのがやっとでプライベートのレジャーなど楽しむ余裕など全くない状態です。

スポンサーリンク

友人に消費者金融を紹介してもらう

そんな中、ただ働くだけの日々を送る毎日に嫌気がさしていた時に友人に紹介してもらったのが消費者金融の存在です。

元々テレビのCMなどで知ってはいたものの、借金という言葉に抵抗を感じてしまっていたこともあって自分には無縁と思っていました。

しかし、友人に少しの金額を借りる程度なら利子も少なく返済も簡単だからと誘われて安易に手を出してしまったのが借金地獄の始まりです。

審査は30分で通る

社会人で少ないとはいえ安定した収入を得ていたこともあって審査はすんなりと通り、来店して30分も経たないうちに数万円を手にすることができました。

その時に毎日あくせく働いて貰える月の給料の数分の一の金額がこんなに簡単に手に入ることを覚えてしまった私は、その後も毎月のように数万円の金額を借り続けるようになったのです。

借りたお金はそれまで我慢していレジャーに使っていたので当然あっという間に消えてしまい、すぐにでもお金は欲しいという負の連鎖に陥って、借り始めから1年後には限度額の100万円に達していました。

生活レベルを落としたくない

本来であればそこで辞めるべきですが、一度覚えてしまった生活を手放すことはできずに別の消費者金融にも借り入れを行った結果、アコムで150万円、プロミスで100万円の金額にまで膨れ上がってしまいました。

元々収入の少ないため借金の額が増えた時に返済が難しく借りたお金を返済に回すという形を取っていたのも膨らんでしまった原因の1つです。

アコムで数十万円借りた段階ですでに返済が厳しいことは感じていて、その時にもう辞めようと強い気持ちで決断できていればこんなことにはならなかったと反省しています。

とはいえ、元々禁煙や禁酒すら続けられない意志の弱い私にそんな決断ができるはずもなく、最初に借金をした時点でダメのかもしれません。

返済不可能になったことを悟る

アコム、プロミス共にキャッシングでの利率は18%で返済期間は2年でしたが、私の給料が20万弱なのに対して月の返済額が8万円前後で返済をしていては普通の生活すらできない状態です。

まさに首が回らないとはこのことで、2年間この生活を続けて返済するのは不可能だと感じた私は債務整理をすることを決断しました。

もう弁護士に相談するしかない!

債務整理についてはCMや新聞などで知っていいましたが肝心の誰に依頼をするかについては全く当てもない状態だったので、インターネットで検索をして情報を集めました。

そこで自分と同じように借金で困っている人のために弁護士が格安で相談に乗ってくれる機関があることを知ってそこに足を運びました。

そこは弁護士協会に所属している弁護士が出張で相談を行なう場所で自身で弁護士を選ぶことはできませんでしたが、信頼できる機関が運営を行なっているので安心して任せることができました。

弁護士に相談して自分の厳しい現状を理解する

そこで私の担当になった弁護士に状況を説明した所、今の収入では任意整理を選択しても返済は難しいと判断され、自己破産を行なうしかないと言われました。

私としては返済したい所でしたが、現状無理なことは理解していたので自己破産の手続きをすることで話がまとまり後日改めでその弁護士さんの事務所に足を運びました。

弁護士に費用を分割払いにしてもらい自己破産手続きを進める

弁護士事務所に初めて行く時は緊張しましたが、清潔感のある内装と丁寧な対応をしてくれるスタッフさんだったのでリラックスできました。

自己破産の費用は30万円ほどで、自身の収入を考慮して分割での支払いを提案してくれた点もありがたかったです。

手続きを開始して必要な書類の準備や法廷での破産の許可をもらうまでに約半年ほどの時間が掛かりましたが、依頼をした時点で返済の義務がなくなったことで不安もなくなり、あっという間に半年が過ぎたように感じました。

借金の無い普通の生活に戻る

その後無事に破産が認められて借金がなくなり元の生活に戻ることができました。

当然収入が増えるわけでもなく生活はギリギリの状態ですが、普通に生活が送れていることに感謝をしています。

二度と甘い誘惑に足を踏み入れないようにと決意を持って働いている日々です。

私のように借金で困っている人は、一人で悩み続けて傷口を広げる前に、早めに専門家に相談をすることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました