総額760万円!専業主婦がハマった多重債務の辛さ

今回は主婦の方がクレジットカードで借金地獄に陥った体験談です

借金を借金で返済するためにクレジットカードのショッピング、キャッシングを利用して自転車操業の果てにどうしもなくなる状況は壮絶の一言です

借金の自転車操業すら破綻した彼女とった行動は・・・

私は30代の社会人の女性です。

10年ほど前の話です。

前の夫と結婚し、若い2人には、高すぎる車のローン、ブランド品、

2人で働いていて、はじめは何とかなると思ってた。

だけど、妊娠し、仕事をやめて、ギリギリのお金が回らなくなってしまった。

クレジットカード借金地獄

当時は、専業主婦も、借り入れできる金額も大きく、

夫婦で、消費者金融のビルを上から下まで、

返し、また借りるの繰り返し。

借り入れの利息も当時は29%なんて当たり前。

現金がないから、生活は、クレジットカード

だけど、すぐに限度額いっぱいに。

そしてまた次のカード。

ショッピングやキャッシングで増え続ける借金額

消費者金融や、分割払いの車、ブランド品などのローン、

クレジットカードの、ショッピングやキャッシングなど。

借り入れ総額も減らないし、

もう合計の借り入れ総額は、わからなくなってたってゆうか、

知るのがこわかった。

そんな普通では考えられない生活が5年近く続いた。

その間に、何度か、互いの両親に話そうとしたが、もう言える金額じゃなかった。

借金返済の督促の電話

1番ピーク時の借り入れは、夫婦で、だいたいの記憶で約760万円、月の返済は、30万は超えてたはず。

武富士 100万
レイク100万
アイフル150万
ユニマット50万
アコム100万
日本信販 80万
プロミス 10万
クレジットカード A 50万
クレジットカードB 30万
クレジットカードC 50万
クレジットカードD 20万
クレジットカードE 10万
分割ローン 電化製品10万

そして、ついに借り入れできなくなり、返済の督促の電話がなりはじめた。

テレビドラマでしか見たことのない状況。

もうこわかった。

両親に打ち明け、弁護士事務所へ相談に行く

ついに両親に話すことに。

すぐに、知り合いの弁護士事務所に連絡してくれて、 電話もすぐにとまった。

弁護士事務所から金融各社に、 電話がいったからだ。

弁護士はすごい。

弁護士費用は、2人で50万くらい。

借金生活から抜け出す、破産宣告(自己破産)へ

そして、ある日、夫婦で弁護士事務所にいきました。

そこで言われたのは、破産宣告は、

「1度は助けてあげましょう」「やり直すチャンスを与えてあげましょう」

ということなので、2度としないようにといった内容でした。

その足で、裁判所に行き、破産宣告をしました。

破産宣告は、全額認められず、分割ローンのは、保証人が親だったため、それは支払いました。

消費者金融も、一件は、破産宣告の直前のため、返済意思がなかったと判断され、異議ありとなりました。

しかし、弁護士と金融業者との話し合いで何とかクリアできました。

春先に破産宣告し、秋頃に免責決定がでました。

裁判所では、破産宣告する人が多いため、 大きな部屋に大人数の人が一緒に話を聞かされていました。

すごい光景でした。

多重債務者が1歩を踏み出す

今、多重債務に悩まれているかた、まず弁護士事務所に相談し、そして出来るならその費用を近い人に借りるべきです。

いつか、借り入れできなくなるのですから。

たった1度のチャンスで、あらたな一歩をふみだしてほしい。

破産宣告は重たいですが、

今より明るくなります。