過払い金返還請求により借金の減額を行い、借金完済へ繋がった(40代男性)

今回は40代の男性の過払い金請求と債務整理の体験談です

クレジットカードのリボ払いから始まった借金はいつのまにか手に負えないほどに膨らんでしました

専門家に相談して過払い金の返還請求で借金の金額を減少させて借金完済への道が開けました

 

私は宮城県の40代の会社員の男性です。

借金をしてしまった原因は当時、1年の半分以上で出張をする生活をしていました。

スポンサーリンク

安易なリボ払いの選択

出張費は全てクレジットカードで支払いをしており、仮払い金や出張精算費を合わせると、毎月2度月給が支給されるような状態でした。

最初はクレジットカードの支払いを「全て一括」にしていたので問題なかったのですが、途中から「リボ払い」に変更してから狂い始めました。

毎月出張で10万円前後かかるのですが、「リボ払い」にしたことによりクレジットカードの支払いが「毎月1万円」ですので、現金(給与や仮払い金)を無計画に使ってしまいます。

クレジットカードを増やすことにしました

すぐにクレジットカードは利用限度いっぱいになり、新たにクレジットカード作りました。

当時は今と違って簡単にクレジットカードを発行できましたので、すぐに2枚作り、それらについても同様に「リボ払い」にしていました。

こんな生活が数年続くと利息が大きくなりますので、「毎月の支払分は全て利息分」というような状況になりました。

借り入れの自転車操業

ふつうはここでいったん清算することを考えるのでしょうが、当時は「消費者金融」がバンバンCMをしている時代で、簡単に限度額100万円で借りれましたので消費者金融でまとめて借りて、クレジットカードを全て清算することにしました。

ここで良くないことに、消費者金融も「月々の支払」が可能で、しかも金額も自由に設定できたので、月々の支払額を「低額返済」にしてしまい、同じことを繰り返すことになります。

さらにクレジットカードも使用できる状態になりましたので、出張分をクレジットカードで補うことになり、2重で返済することになり利息分が増えていくことになりました。

想像してた以上に膨れ上がった借金の金額

借金の総額は以下のようになりました

[消費者金融]
アコム:100万円
アイフル:100万円
レイク:100万円

[クレジットカード]
NICOSのキャッシングで50万円

全部合わせて350万円です。

気づいた時にはどうしようもなくなっていました

借金が増えてしまった反省点はリボ払いや月々の返済額を少額にしたために、気持ちが起きくなり返済に充てずに現金を使ってしまったこと。

また他に車のローンが年間80万円ほどありそのことを計算できていなかったことです。

とにかく月々の支払の為に働いていました。

しかしすでに設定した月々の支払額では元金がほとんど減らない状態になっており、どうすれば良いのかわからないくなっていました。

当時は月の手取りが平均して25万円ほどでした。

金利は全て29%前後で、毎月合計で10万円前後を返済に充てていました。

その他にも車のローンが毎月4万円(ボーナス月は14万円)です。

その後体調を崩して会社を退職・転職しました。そこで収入が以前より減り、いよいよお手上げ状態の時に「過払い返還請求」のことを知りました。

専門家に相談しました

インターネットで調べて司法書士事務所に「過払い金返還請求」を前提の任意整理をお願いしました。

当時「過払い金返還請求」が流行っていた時なので、電話口で支払い状況等を説明したとたんに「間違いなく取れるので任せてください」と言われました。

初めて事務所に行った時も「今一番多い依頼が過払い金返還請求で忙しいです」といわれました。

そこは「司法書士事務所」でしたが、見積もりで過払い返還が200万円を超えるので提携している弁護士に助けてもらいますと言ってもらえたことです。

実際に過払い返還金が発生しましたので、そちらから引かれたため、初期費用は0円です。

結果的にはトータルで50万円ほどかかりました。

全て司法書士事務所にお任せ

まず、司法書士が消費者金融に支払い履歴の証明書を提示するように連絡してくれました。

同時に全ての連絡を事務所にするようにしてくれました。

その後、送られてきた履歴により「過払い返還」があることが確定しましたので、裁判の手続きに入りました。

本人はただ電話連絡をしたり郵送で書類を作成しただけで、裁判所にも行っていません。

最終的に借金が40万円になりましたので、毎月5万円返済して完済しました。

長年悩んでいた借金問題の解決

債務整理を行うことで日々の生活での大きな悩みが無くなり、気持ちに余裕ができました。

お金の悩みはとてもつらいことです。

債務整理は決して恥ずかしいことでは無いと考えています。

それぞれに合った解決方法を提案してくれますので、まずは専門家に相談してみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました