9年間の借金生活、債務整理の相談を弁護士にすると過払いの状態だと判明(30代女性)

今回は9年間の借金生活で債務整理の相談を弁護士にしたことろ、過払いの状態だった女性の体験談です

借金を返済してはいましたが、完済に何十年もかかることに不安を覚えました

元本も一向に減らないことに精神的に耐えられなくなりました

 

私は宮城県在住のサービス業に従事する30代の女性です

借金を初めてしたきっかけは親が生活苦にあり、私も余裕がある生活ではなかったので手軽に借りる事の出来る消費者金融へ行きました。

スポンサーリンク

借金の総額は230万円です

借金の金額はプロミスから200万円 アコムから30万円、最大で最終的に消費者金融2社から合計230万円になりました。

最初は10万円からの借入れでしたが、不思議なもので月々の返済額はそんなに高くなかった為、ちょっと困ると借りるといった思考になっていきました。

そして、定期的に消費者金融側から増額借入れの提案があり、自分の甘さも相まって、増額するようになっていきました。

返済額が増えていく度に恐怖感が増していき、日中の仕事だけでは無理なのでは無いか、これから先大丈夫なのだろうかと考えこむ時間が増えていきました。

借金の完済に何十年もかかる状況

当時は月給約15万円弱で、金利は一度返済が遅れた為に28%近かったと思います。

月の返済額は2社合計35000円程になり、内訳を見ると金利が上回り元本が減るには何十年もかかる計算になりました。

今では金利も過剰にかからなくなったようですが、私の時はもう自力で完済するのは不可能に近い状態になっていました。

債務整理までには様々な葛藤がありました。

出来るなら自力で完済したいと。

しかしながら、減らない元本に精神的にも耐えられず、金利の件もあり、弁護士に相談をしてみてから決めようと考えました。

法テラスに相談に行ってみました

まずは法テラスで無料相談を受けました。

すると、債務整理を扱っている弁護士を紹介され、その弁護士事務所に連絡までしてくれましたので大変ありがたかったです。

紹介を受けた弁護士事務所を訪ね、ここから消費者金融からの借入れ年数、月々の支払い額、年収等を聞かれ、

私の場合ですと借入れ年数が9年以上あり、金利も最大限だった為弁護士の方からは「多分大丈夫だとは思いますが結果は3ヶ月から6ヶ月程かかります。その間は支払いはしないようにして下さい」と言われ、あとは弁護士の方にお任せする流れとなりました。

9年間の間に過払い金の状態になっていました

無事と言って良いのかはわかりませんが、債務整理ができ、過払い金として11万円程戻ってきました。

弁護士費用は過払い金返還請求の金額から10%差し引くという話でしたので10%差し引かれ自分の手元にきた金額が11万円程です。

まさか戻ってくるとは思っておらず、とにかく返済が無くなれば良いと思っていましたから過払い金には驚きました。

債務整理を検討されている方には、私の個人的意見ですが母子家庭等の方は子供が大きくなるにつれお金がかかります。

様々なローン関係を組む事が困難になります。

もし現状どうにもならない、親族から一時的にも借りる事が出来ない場合は即行動して下さい。

対策は早ければ早いほど良い

早ければ早いほど、良いと思います。

債務整理や、自己破産をするとやはりリスクがありますが自己破産になる前にまずは無料相談に行き、専門的な知識を聞いた上で決断して欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました