過払い回収額81万円、過払い金請求を弁護士に依頼した結果(40代男性)

今回は完済していた借金の過払い金請求を行ってみた男性の体験談です

そして男性は司法書士と弁護士と相談した結果、弁護士に依頼することにしました

出来るだけ依頼者の意志を優先してくれる法律事務所で頼んだことにより回収金額が違ったという例です

 

私は自営業を営んでいる40代の男性です

借金をしてしまった原因は派遣社員として働いていた当時、次の派遣先がすぐに用意されないケースがあったので生活費の埋め合わせをするために繰り返し利用していました。

借金は

GEカードからキャッシング80万円
スタッフィからキャッシング50万円

最大で借金の金額は130万円ありました

そして完済していました

スポンサーリンク

過払い金請求の可能性を司法書士に指摘される

過払い金の可能性に気づいたのは別件で法テラスへ法律相談へ行った際に、念の為と司法書士に聞かれて気が付きました。

依頼先はインターネット検索サイト経由で弁護士事務所の公式サイトを比較して選びました。

とても話しやすかった弁護士

電話連絡の上で必要書類として過去の取引履歴を全て持参するように言われましたが、特に強制するものでは無くあれば話がしやすいという雰囲気でした。

面談時に日付別に揃えて借入明細をファイリングしたまま提示したら、すぐに計算してもらえて助かりました。

その事務所に依頼するのを決めた理由は決してゴリ押しすること無く、過払い金請求時に裁判をするかどうかの確認を2段階で行ってくれたので、任せておけば問題ないと実感出来たからです。

弁護士から受けた説明は完済済みかつ過去の取引明細を全て取ってあるから、比較的すぐに和解は可能だと言われました。

最大額を回収するならば裁判を起こす必要があるのでどうしたいかを確認されました。

司法書士に聞いた時には裁判はムダだと言われて和解で引っ張ると言われましたが弁護士に相談すると最終判断は依頼者が自由にして良いという話でした。

弁護士への費用は着手金6万円と成功報酬として回収額の和解なら10%、裁判なら20%の金額になると言われました。

依頼後に取引明細を2社に対して弁護士が請求し、金利引直計算後に内容証明郵便送付。

続けて過払い金返還請求訴訟を不当利得返還請求訴訟として提起し、個別に和解交渉を行いました。

過払い金請求をした結果

最終的に裁判の判決を取るまで行ったのですが、単に待っているだけで良かったので簡単でした。

過払い金請求をした結果

完済した借金総額 130万円

過払い回収額 81万円

となりました

依頼相手で回収金額が違っていたかもしれない

過払い金請求を司法書士に依頼していたら、今回回収できた金額の半分程度しか取り戻せなかったと考えられます。

なぜなら、必要額のみの借入を行っていたために、一旦完済した時期があったので金融業者側は取引が分断されたと主張してきました。

分断された分は時効が成立する可能性が高かったので弁護士がカード契約が継続していて1,000円未満の端数は残っていたから一連取引だと主張して、正規の金額全額に加えて延滞利息まで取ってきました。

10年の時効には注意して

クレジットカードを現在も他社で保有していますが、分割払いやリボ払いを一切使わずに一括払いのみで現金決済が出来ない時のみ仕方なく使用する程度としています。

毎月3万円を定額積立するようになったので今では新たに借入をする必要が全く無くなりました。

過払い金請求は、最終返済日から10年経過すると時効のために自分のお金でありながら取り戻せなくなります。

早期に過払い金請求を行うことで、時効の中断を行えるので早く気づいて過払い金請求訴訟を起こすことが望ましいです。

少しでも可能性があれば、弁護士への無料相談を行うと良いです。

タイトルとURLをコピーしました