借金を返済中の過払い金請求、回収額95万円(40代男性)

今回は借金を返済中だった男性の過払い金請求の体験談です

男性は体調不良などで経済的な状況が思わしくないなかでも借金を返済し続けていました

そんなある時にふと目にした法律事務所のホームページの過払い金の例に自分が当てはまるのではと思い、法律事務所に電話をしてみることにしました

 

私は営業の仕事をしている40代の男性です

20代の頃に衣服を買ったり旅行に行くために、初めて消費者金融で借金をして以来、後の事を考えず目先の現金に目が眩みちょっとした買い物をするにも深く考えもしないで、融資額が増額する度に借入を繰り返していました

金額が増えてゆくにつれ返済に困る様になり、30代の頃には返済しては借りるのいわゆる自転車操業が続いていました

しかし、その頃は飲食業の夜勤で働いていた事もあり、比較的給料も良かったのでそんな状態でもなんとか返済も遅れる事ない状態が続いたのです

ただ40代になり過労で倒れてしまい、長時間労働と不規則な勤務時間に精神的に耐えられなくなり、借金があるのも関わらす退社してしまいました

退職後も何とか耐え凌ぎ、新たな会社へ就職したのですが、今までより給料が下がってしまい、通常の生活が苦しくなってしまいました。

スポンサーリンク

最大時の借金総額300万円

ゼロファースト 50万円
オリコ 80万円
ロプロ 120万円
プロミス 50万円

セロファースト50万円オリコ80万円は融資枠いっぱいで返済中でした。

ロプロ120万円とプロミス50万円は全額返済みでした。

自分は過払い金に当てはまるのでは?

司法書士のホームページで過払い金請求が出来る人の項目を調べて見た所、自分が当てはまる事に気付きました。

インターネットで調べて司法書士のホームページから、ネットで相談した所、すぐに折り返し電話が掛かって来ました。

親身になって聞いてくれていましたし、金額や借入年数など穏やかな口調で聞いてくれて気持ちが楽だったです。

相談した結果、過払い金の概算がわかった

電話での対応が良かった事と自分の条件なら、金額の概算提示があり信用出来ると思い決めました。

司法書士からの説明は自分の借入年数と金額から過去の請求例を出して目安となる金額の提示がありました。

司法書士への費用は約28万円でした。

借入会社からの取引明細書の取得、利息引き直し計算の提出、和解案の提案で実際の返還まで約半年との流れでした。

完済した借金50万円、過払い回収額95万円がありました。

過払い金請求は法律で認められた権利

過払い請求をする事は自分で借りた物を返せなくなると言う事で後ろめたく罪悪感があるい事だと思っていましたが、司法書士の方から法律で認められている権利であると言われ気持ちが楽になりました。

まとまった金額が戻って来たため気持ちと生活に余裕が出来きました。

借金を抱えている方は誰にも相談出来ず恥ずかしい事だとひとりで抱えてしまいがちですが、過払い請求は法律に乗っ取った正当な権利です。

プロの弁護士、司法書士に相談する事えおおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました