借金60万円を返済!借金癖が治った私の方法とは(20代男性)

今回は借金癖によりなかなか借金状態から抜け出せなかった20代の男性の体験談です

1度利用してしまうと抵抗感がなくなりどんどんキャッシングをしてしまっていた彼はついに借金と決別することを決意

彼は元金を減らすためのある計画を立て、それを守り続けた結果見事に借金を完済しました

 

私は20代の会社員の男性です。

私が借金をした理由としまして、家庭の事情により急に一人暮らしをするための資金と

会社ですぐに必要であるための車の免許を取得するために借り入れることとなりました。

借金は親に借りることも出来なかったため消費者金融会社を利用したのですが、

私の稼ぎでは一社だけでは自分に必要な額を借り入れることが出来なかった為、

プロミスから30万円、レイクから20万円お借りしていました。

スポンサーリンク

借金は最大60万円にもなる

更に借金は増えて最も借金があった時期は、2社合わせた50万円とそこから

限度額をアップして利用した10万円を足した60万円程ありました。

キャッシングを繰り返してしまう

借金が増えた原因は、キャッシングを1度利用してしまったことによる借金への抵抗が無くなってしまったこと

コンビニなどから簡単に借り入れることが出来るのが理由だと感じました。

1度でも利用してしまうとキャッシングに対して自分の中で抵抗がなくなってしまい、

借金をしているという感覚がなくなってきたことも原因の1つだと思います。

返済日に利息だけを支払って満足する

借金をしていた当時は、利用した直後は借金をしているのだから

すぐに返して完済していかなければならないと思っていたのですが、

最初に借りた時から時間が経てば経つほど自分の中で罪悪感がなくなり

返済日に消費者金融から提示されている金額だけ返済をして、

また後日に借金をするという

利息だけ払い続けているようになっており

元金が全然減っていなかったのです。

自分の中ではしっかりと借金を返済している気持ちで借金をしているという負い目は全く感じていませんでした。

借金のことが常に頭の片隅にあった

就職するときを機に借金を完済しようと思い返し始めたのですが完済まで約1年ほどかかってしまいました。

自分の中で使える金額を設定してそれ以外をすべて借金返済にまわすことで

元金を減らしていくことを心がけました。

借金完済までの計画をイメージする

着実に借金を返すためにしたことは自分の中で借金を完済するまでのビジョンを明確にイメージして

計画通りに実行することでした。

自分の中で借金をする癖をまず治すため自分に余裕がある金額を手元に残しつつ

借金を返済していくことで

少額ずつでも着実に返済していきました。

給料が自分のために使える!

借金を完済した時に感じたことは、自分の給料がすべて自分の手元に残っていることへのありがたみでした。

それまでは、少なからず借金返済のために働いているというのがあったため働く意欲も出ませんでしたが、

自分の頑張りが自分の手元にすべて残っていることが

私が借金を返済して一番喜びを感じれたことでした。

一度借金をしてしまうと、それを返済していくのは簡単なことではないと思います。

僕が考える借金返済のコツとは!

その中でも、借金を返済していく一番の方法は

少額でも借金の元金を着実に減らすこと

だと思います。

私がしていたように借金癖を治して着実に元金を減らしていくことが

時間がかかるかもしれませんが借金完済への着実な道だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました