結婚するために借金生活と決別!カードも切断!(40代男性)

スポンサーリンク

20代の頃にギャンブルにハマって借金は50万円にもなりました

ギャンブル依存症のようにパチスロ、パチンコで借金を増やしてはボーナスで返済する生活

しかし、彼女と結婚をするためにギャンブルを断ち、カードもハサミで裁断しました

 

私は40代の兵庫県在住の会社員です。

これは私が就職して間もない20代の時に借金をしていました。

スポンサーリンク

パチンコ、パチスロに夢中になる

毎月の手取りが約13万~15万円で寮生活をしていたので比較的、金銭的な余裕はあるはずでしたが、パチンコ・パチスロにはまってしまい、

ある時給料日までまだ一週間以上あるのに、全財産をつぎ込んでしまったことがありました。

その時、少しくらいならいいかと安易に考えて、当時CMでもおなじみの「アコム」の「むじんくん」を利用して5万円のキャッシングをしました。

30日以内に返済すれば無利息で返済できることもあり、一時しのぎのつもりで軽い気持ちでATMから現金を引き出しました。

けれども急に給料が増えるはずもなく、パチンコ・パチスロもやめない生活が続けばおのずと足りなくなります。

ボーナスで借金を返済する生活

そして、返済もボーナスがあるからいいやと考えるようになり、とうとう10万円を超え、20万を超え、気が付けば50万円近くの借金を抱えている状態でした。

何度かもらったボーナスをすべて返済に回して借金を完済し、また借金をして半年後にもボーナスで返済するといったことを繰り返すようになりました。

その時は、何とかボーナスで返済できる上限は越えてはならないなどといった自分ルールを作り、借金を繰り返す癖がついてしまっていました。

ギャンブル依存症

ギャンブルも勝てもしないのに、借金をギャンブルで返済しようとしていました。今考えれば、ギャンブル依存症だったのかもしれません。

そのような生活サイクルに嫌気がさしたのと、ようやくギャンブルの才能が全くないことを自覚し、ギャンブルをやめよう!と考えるようになりました。

当時付き合っていた彼女(今の妻です。)と将来結婚を意識するようになり、貯金が必要になったのと、自動車を購入しローンを抱えたことで余裕感がなくなってしまったことが功を奏したのかもしれません、

カードをハサミで切断!

あっさりとギャンブルをやめることができ、借金に頼る生活をしなくて済むようになりました。

そして、カードをハサミで裁断。

消費者金融からの借金生活と縁を切ることができました。

振り返ってみると、借金のきっかけは私もそうでしたが、多くの人がギャンブルでの使い込みが原因ではないかと思います。

生活資金をギャンブルに使い始めたら赤信号

最初は余裕資金内で収めようとするのですが、いつしか自分にギャンブルの才能があるのではないか?なんて勘違いを起こし始め、余裕資金から生活資金に手を出し始めるところから借金生活が始まるのです。

ギャンブル依存はとても怖いものです。

勝てないように仕組みとして成り立っている業界にお金を投資しているだけだと、早く気付けることが大事です。

そして、私の場合は結婚でしたが将来の目標を持つことも大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました