<就職氷河期世代>200万円の借金返済が終わらない(40代女性)

今回は就職に失敗してしまってその時に出来た借金返済に苦労している女性の体験談です

最初は5万円の借金からはじまり、生活費を借金で補填する癖が付きいつの間にか借金騒動は200万円まで膨らみました

ようやく借金と決別するために生活費を切りつめた生活に切り替え長い借金返済生活に入ります

 

私は千葉県に住む41歳女性のフリーライターです。

私は就職に失敗して学校卒業後はフリーターとして仕事をしていたのですが、

その時に仕事が無くなったりするなどして収入にも困ってしまい支払いをするべきものが払えない時がありその時に消費者金融からお金を借りることをしてその場をしのぐことをやっていました。

スポンサーリンク

5万円から始まった借金生活

当時はアコムのCMで自動契約機で借金を申し込みができるということをやっていたので、勇気を絞り出して契約機に向かったのを覚えています。

その時に借りたのが、5万円だったのですが、その後もお金に困れば仮に行くということを繰り返していましたし借金返済をするために借りては返済をするということを繰り返していました。

その後も、クレジットカードでもキャッシングをして生活費が足りなければ借りるということを繰り返していました。

総額200万円に膨らんだ借金

ふとある日借金の金額を計算してみると、最大で200万円近く借金をしていてさすがにこれではまずいと思うようになり、借金返済を決意をしたのです。

借金の原因は自分の収入に合わない生活をしているのではないかなと思い、

何にいくら使っているのかというのを調べることをしてみたところ稼いでいるお金が少ないのに思った以上に贅沢な生活をしているということに気が付いたので、そこから改善をすることにしたのです。

借金している生活は返済日をいつも気にしていて、そのたびに給料などの収入があれば優先的に借金返済をしているのですが、

収入が少なく返済に困る時もあり何時もビクビクしながら生活をしていたので、借金返済のことで頭がいっぱいでした。

完済までまだあと数年

金利18%くらいで、毎月多い時で5万円以上返済をしていた時もありますが今でも返済をしていて毎月3万円程度まで返済額を減らすことが出来ました。

完済するまでには後数年はかかりそうですが、それでも着実に残高を減らすことができています。

とにかく借金残高を減らす

着実に残高を減らす方法としては、これ以上借金をすることなく粘り強く返済をするということです。

粘り強く返済をし続けることによって着実に借金の残高を減らすことができるので、

たとえ残高の減りが少なくても減っていることには変わりはないのであきらめずにきちんと借金の残高を減らすことに集中することです。

今でも借金を返済をしている最中なのですが、それでも着実に借金の残高を減らすことができています。

借金のない生活に戻りたい

それと同時にもう借金をするのは懲りたので、今後は借金をしなくてもいい生活をしていきたいなと思っています。

これから借金を返済しようと思っている人は借金が少ない段階で返済中心の生活をするようにすることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました